大学生のための一人暮らし情報サイト

一人暮らしの初期費用って平均どれくらい?


column02_10

一人暮らしアパート平均初期費用

大学生になり、初めての一人暮らし。楽しみで仕方がないはず。

賃貸アパートを借りる場合、気になる初期費用はしっかり把握しておきましょう。

前家賃(前もって次の月の家賃を払っておく)、入居月の日割り家賃、敷金(家賃1ヶ月~2ヶ月分)、礼金(家賃1ヶ月~2ヶ月分)、管理費、共益費、仲介手数料(家賃1ヶ月分)、火災(損害)保険料、鍵交換代金などの料金が掛かります。

例えば6万円の賃貸アパートだと、初期費用は約30万円前後かかります。安くとも、初期費用は家賃の3倍~5倍を目安としておくとわかりやすいですね。

これに引っ越し代金、家電家具などを一式揃えると、平均初期費用は約50万~60万円必要となります。

学生会館、学生マンションの平均初期費用

学生会館は家具付き、朝食夕食付の所が多いので、初期費用、日々の費用を抑えることができます。

平均すると学生会館の初期費用は約40万円~50万円になりますが、分割払いと一括払いを選べる学生会館もあります。

初期費用が少し高くても、食事付き家具家電付きということを考えると費用は安くなりますね。ですので、大学生を持つ親にとっては、とても経済的です。

また、学生マンションの平均初期費用は約27万円前後で、学生会館より初期費用が抑えられます。

ただ、学生マンションの場合、家具家電が無く食事も自分で購入するためランニング費用がかかるかもしれません。

学生寮の平均初期費用

初めての一人暮らしで、親御さんも安心な学生寮。家具家電、食事付き、大学内あったり、隣接していたりと大学から近い立地も魅力的です。

しかも、大学内、隣接している学生寮だと交通費も掛かりません。

ただ、費用の負担方法は大学によって異なり、年間払い、前期後期と分けての支払い、初期費用の他に月学部屋代を支払う場合があります。

また、初期費用も大学によって異なりますが、初期費用が10万円前後で、部屋代が1ヶ月約5,000円代からが多いようです。年間払いの大学だと、初期費用は約100万円前後になることもあります。

注意したいのが、何年入居可能か、水道光熱費が含まれているかどうかです。これによって全体の費用もかなり変わってくるので必ず確認するようにしましょう。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る