大学生のための一人暮らし情報サイト

学生一人暮らし生活費ってどれくらい?


column02_11

一人暮らしの大学生仕送りの平均費用って?

一人暮らしの大学生を持つ親が悩むのが仕送り費用。仕送り、と一言にいっても実際子どもの手に渡るお金だけではなく、家賃を初め、光熱費、インターネット代、携帯代など目に見えないものもたくさんあります。

住む場所や利便性によっても仕送りで必要な額にはだいぶ差があるようですが、平均額の目安として、家賃+食費(3万前後)+光熱費(1万円前後)+通信費(5000円前後)といった印象です。

家賃は場所により幅がありますが5~6万円台が多く、そこから考えると、親が負担する仕送りの平均は大まかに10万円前後と言えるでしょう。

多すぎると無駄遣いにつながったり、少なすぎるとアルバイトに忙しくなり学業がおろそかに。仕送りは妥当な額の見極めが大切です。

一人暮らしの生活費とその内訳

大学生の一人暮らしで生活費としてかかるものをまとめてみました。

・家賃 ・食費 ・水道光熱費 ・通信費 ・雑費

家賃や、水道光熱費(電気、ガス、水道)、通信費(携帯電話、インターネット)については毎月大体出費の額が決まっていますが、意外と厄介なのが食費と雑費。

食費は大体3万円前後が平均のようですが、一人暮らしの大学生となるとマメに自炊するというよりは外食も多くなりそう。そうなると3万円では収まらないケースも考えられます。

また、雑費としてトイレットペーパーや掃除道具、サランラップやシャンプーなどの消耗品が、目に見えにくい出費として意外と出るものです。

経験者にリサーチするなどしてしっかりシミュレーションしてみると安心です。

大学生必見!生活費節約のための学割利用術

学割というと定期券や映画鑑賞などが思い浮かびますが、近頃は各社が独自の学割プランを提供しており、知らないと損をする学割がたくさんあるようです。

携帯電話や遊園地、カラオケなどはもはや定番ですが、中には学生は送料が無料になる書籍などの商品購入時にお得な割引がある通販サイト、買い物に学割利用が出来るアウトレットなど学割適用の幅はかなり広いです。

家賃も学生向けに学割料金を提供しているところもあるので、毎月の生活費を抑えるには徹底的に調べる価値がありそうです。

とにかく思いもよらない出費も多い大学生の一人暮らし生活。準備の段階で学割のプランが無いか、調べてみると意外なサービスを受けられる機会があるかもしれません。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る