大学生のための一人暮らし情報サイト

秘伝のニンニク醤油漬け


ninniku03

ニンニク醤油漬けのレシピ

今回は誰にでも簡単にしかも美味しくできるニンニク醤油漬けのレシピをご紹介します。

醤油漬けのニンニクは、そのまま食べるのが一番オススメです!

でも、刻んで和風パスタに散らしたり、冷奴やカレーの薬味などに使うのもやっぱり美味しい!

ニンニクを漬けた醤油に一度火を入れると、何年でも保存できるようになります。

また、ニンニク風味が移った醤油は、チャーハンや餃子、サバや豚肉の焼き浸しに活用できます。

聞いただけで美味しそうでしょう?

和風パスタ

pasta01

ガーリックチャーハン

chahan01

餃子

gyoza01

がっつりニンニクを使ってもよし、隠し味で使うもよし。

一人暮らしに使える調味料の一つとして持っておきたいですね!

では秘伝のニンニク醤油漬けの作り方です

①洗い方

とれたてのニンニクの場合、泥をよく洗って使用する。(乾燥の場合は省略)

②酢に漬け込む

薄皮をむいたニンニクを容器に入れ、酢をニンニクの分量のヒタヒタまで注ぎ、1週間漬け込む。

③醤油を投入

酢を切って醤油がかぶるくらい加え、きっちり蓋をしておく

ちなみに、漬けておいた酢は取って置き、サラダのドレッシングや酢豚、魚介のマリネなどの調味料に使えます。

④仕上げ

1ヶ月後、醤油だけ取り分けて、醤油を鍋に入れて煮立たせます。

冷ましてから、ニンニクの入っている容器に移します。ニンニクに色がついてきたら食べられます。

まとめ

ninniku01

今回のレシピは酢と醤油だけで仕上げています。

ここにお好みで酒や砂糖などを加えても美味しいですよ!

さらには味噌漬けやオリーブオイル漬けもGOOD!!

オリーブオイル漬けには隠し味でバルサミコ酢を入れてもまた深みが増しますね!

あなたのオリジナルレシピにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る