大学生のための一人暮らし情報サイト

男の一人暮らし部屋


column02_06

「塩系」でキメる、男のおしゃれな一人暮らし部屋

流行に敏感な男子大学生の部屋も、こだわり過ぎは却って女子の反感を買うことも…。

嫌味じゃない部屋づくりに最近注目を浴びているのが「塩系」インテリア。センスの良さもアピールしつつ、男らしく好印象です。

「塩系」のルールというと、

◎ 金属系、ファブリック系、木材系などテイストを揃える
◎ アースカラー、モノトーン、アンティーク調などカラーを揃える
◎ ごちゃごちゃさせない。基本はシンプル&スッキリ
◎ 忘れてはならない「無造作感」
◎ 生活感は徹底排除

男らしい無造作感、武骨感を演出しつつも、計算された雰囲気作りが必要というわけです。

近頃は100均でも塩系の部屋作りに欠かせない小物や、DIYで作れる塩系インテリアなど選択肢も豊富です。

一人暮らしの男部屋!汚部屋回避の掃除術その①

一人暮らしの男子大学生の部屋…散らかっているだけならまだしも不衛生なのはやっぱりNG。

そこで、男子でも楽に掃除ができるアイテムと掃除術をご紹介します。

まず、便利なフローリング用のドライシートとウェットティッシュを常備。

フローリング用のドライシートは専用スティックにつけて床を掃除するだけではなく、家具のほこりや窓のサッシの掃除、ほうきがわりに玄関のごみを吐き出したりとにかくアイデア次第で用途が広がります。

ウェットティッシュもとっても便利、雑巾代わりにこれで水拭き。ベランダの物干しや、窓、ドアノブや電子レンジ。アルコール除菌が出来るものならトイレ掃除にもgood。

この二つ常備して損はなしのはずです。

一人暮らしの男部屋!汚部屋回避の掃除術その②

部屋の掃除をするには朝か夜が狙い目。

ホコリは舞い上がって床に落ちて落ち着くまでなんと9時間以上かかることもあるんだとか。ということはまだ動きの無い朝か、帰宅以降の夜を狙うとホコリが効率よく掃除できます。

また、一人暮らしの場合はそれほど日々の汚れ具合はひどくないので、毎日ほんの少しでも掃除する習慣をつけると綺麗な部屋を保つことができるのです。

例えば、今日はテレビ台の上を拭く、今日はトイレのついでに便器を拭く、歯を磨きながら洗面台を洗う、どれも神経質にならなければほんの30秒くらいで済んでしまいます。

こうした毎日の積み重ねが日々の掃除を楽にする秘訣です。決まって行うルーティンワークの中にプチ掃除を取り入れてみるといいかもしれません。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る