大学生のための一人暮らし情報サイト

一人暮らしの光熱費の節約方法はこれ!


一人暮らしで光熱費は意外とかかる!

t_kounetsuhi02一人暮らしであっても気をつけないと、光熱費というのは以外にかかってしまいますから意識して節約をすることが大切です。

単純な金額だけで言えば、人数が多くなったほうがお金はかかるのですが、一人あたりの金額を考えると人数が多くなったほうが有利ということもあります。

例えばテレビなどを見る場合、一人で見るのも家族全員で見るのもかかる電気代は一緒ですから、光熱費は実は一人暮らしの方が割高になってしまいがちです。

そこで、光熱費を安く抑えるための方法としては、まとめてできるものはまとめて処理をしてみるのが良いでしょう。

食事の作り置き

食事などを一人分を毎回作っていては効率が悪いので、まとめて数日分作って残りは冷凍をしておくと言った方法があります。

この方法を使えば温める時に使う電子レンジの光熱費を考慮しても、節約をすることができるので毎食作っていた人は作り置きをするという方法があります。

社会人でも大学生でも、田舎からお米や野菜などの材料を送ってもらっている人の場合は、食費代をかなり抑えることができます。

作り置きは食材などを大量に買うことで、単価を下げることもできますから食費も合わせて節約をすることができるのでお得です。

電気を使う場所を一箇所に集中

次に電気を使う場所などは、一箇所に固めてしまうというのも節約に効果的な方法となります。

一人暮らしだと部屋の数も多くありませんから、そこまで気にする必要がないともいえますがあちこちの場所で電気を使うようなことがあれば、その場にいない時に無駄になってしまいます。

一箇所に集中をさせておけばその場を離れる時に不要なものは電気を切っておくことができるので光熱費を削減することができます。

洗濯物の溜め洗い

だらしなくならない程度に洗濯物を溜めてから洗うという方法もあり、一人暮らしの場合には洗濯物の量もそれほど多くありませんからある程度溜まるまでそのままにしておくという方法もあります。

ただし、節約とズボラなのは違いますから面倒だから洗わないというのではなく、あくまでも計画的に洗濯物を溜めて洗うことが大切です。

溜めすぎるのは一人暮らしといえど良いことではないので、注意が必要です。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る