大学生のための一人暮らし情報サイト

一人暮らしの引越しで賃貸契約について


一人暮らしの賃貸契約

keiyakusyo一人暮らしをしていて引越しをする際、次のおうちに住む為には今すんでいる家の賃貸契約を終了させ、新しい家の契約を始める必要があります。

まず、現在住んでいる家の契約を終了させる為には引越しする月末の2ヶ月程度前に管理会社もしくは家主に申告をします。

そして、大概の場合は退去に関わる契約書を渡されるのでそれを記入して渡します。

そこには、次の住所や連絡先などを記入することが多いです。

ギリギリになって退去が決まった場合には、規定の分の家賃を払わなければならないこともありますので(家賃の1ヶ月程度)、決まったら早めに申告することが必要です。

賃貸契約を結ぶには

また、次の家の賃貸契約を結ぶには審査や重要事項説明書の交付などのフローを経る必要があります。

部屋を下見にいって気に入ったら、まず入居申込書の提出と預かり金の支払いを行います。

それから引越しのスケジュールの確認をして、審査と必要書類の確認も行います。そして、審査がOKであれば重要事項の説明を受けて、完了したら部屋や鍵の引渡しとなります。

賃貸契約を行う際には、保証人が必要になるケースが殆どなので家族にあらかじめ相談しておく必要があります。

もし家族が難しければ、友人知人に頼むことが出来ますが、万が一自分が家賃を払えなくなった場合の保証人になるのでそれを了承してくれる人でなければなりません。

入居審査について

また、入居審査は本人の職業や勤務先、勤務年数や収入などから住むのにふさわしいかどうかを判断されます。

断られる可能性があるとすれば「フリーターである」「連帯保証人がいない」などの場合は通らないこともあるようです。

その審査が完了すれば、実際の引越しの段取りを行っていきます。

引越しが決まってからは荷造りをしたり色々と急がなければならないことが多いので、賃貸契約は早めにむすんでおくことをおすすめします。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る