大学生のための一人暮らし情報サイト

女性の一人暮らしは防犯をしっかり!


column02_12

一人暮らしの為の防犯テクニック

犯罪に巻き込まれないためにも、一人暮らしを始める前には防犯テクニックを学んでおく必要があります。防犯は部屋選びから始まっています。

オートロック付物件を選ぶ、2階以上の部屋にするは基本ですが、在宅時は鍵だけでなくチェーンをかける、ドアスコープを塞いでおくといった簡単に出来ることも効果的です。

そして、意外と見落としがちなのが「鍵」。入居前に鍵の交換を必ずしてもらうようにしましょう。

また、生活パターンを知られてしまうと空き巣に入られやすくなるといったことも考えられるので、リモコン式の照明で夜間の電気の点灯時間を一定にしない、帰り道はいくつかのパターンを使い分けるなどの工夫も有効です。

日ごろから防犯を意識した行動が重要です。

一人暮らし、防犯チェックポイント

一人暮らしの防犯で一番注意しなくてはいけないのは、家に侵入されやすい状況にないか?ということです。

ドア、窓、建物の周辺の状況などをチェックし、犯罪に巻き込まれないような環境を作りましょう。

ドア周辺に関しては二重鍵になっているか、複製を作りにくいタイプのものかといったことが挙げられます。

その他の窓に関しても外からの死角になっている場合、侵入経路として狙われやすい傾向があります。

建物自体がオートロックになっていて不特定多数の人が入りにくい、不在の時間帯に管理人が常駐していると安全性はさらに高いでしょう。

周辺の環境も大切で角地で死角が少ない建物の場合狙われる危険が低くなります。部屋選びの際このようなことに注意が必要です。

女性の一人暮らしを守る、防犯グッズ

一人暮らし女性の生活を守る、使いやすい防犯グッズをいくつかご紹介します。

◎ 防犯ブザー…操作がしやすく、十分な音量が出ることが大事です。
◎ 窓用防犯センサー…ガラスの破壊、窓の開閉を察知して危険を知らせます。
◎ センサーライト…玄関やベランダなど侵入が予想されるところへの設置が有効。
◎ 防犯用ダミーカメラ…防犯カメラのレプリカですが、非常に良くできていて安く手に入ります。
◎ セキュリティー会社のステッカー…正規の商品がステッカーのみで販売されており、子どもだましのようで、意外と抑止力として活躍。

侵入を防ぐだけではなく、身の回りに催涙スプレーなど護身グッズを置き、いざという時の為に対策をしておきましょう。

化学調味料を摂らない健康的な学生生活を

食事の質と栄養バランスにこだわり抜いた学生会館


橘・学生会館は「食」の質にとことんこだわる学生会館です。会館で提供している食事は化学調味料を一切使っていません。

厳選した食材を使用し、農産物も生産地・生産者・育成方法が明確な物だけを使用しています。

健全な食生活を実践することが食育の基本ならば、橘・学生会館は「毎日が食育」です。

 

各会館情報を見る